男性の性の悩みで多いのがEDと早漏になります。その中でも早漏は性行為のトラウマだったり、ストレスなどによりなってしまうことが多いようです。しかし、今は早漏治療薬があるためそこまで悩む問題ではありません。当サイトでは早漏治療に関するお話をしていきます。

パソコンを使っている男性
  • ホーム
  • オナニーが早漏の原因になることもある

オナニーが早漏の原因になることもある

早漏は男性にとっては重大な問題です。
愛する女性との情事が終わり、自分は大満足で相手もそうだろうと思っていたら「早いのね」などと言われてしまったら立ち直れないほどのショックを受けてしまうことでしょう。
できれば改善したいものですが、そのためにはまず原因から探る必要があります。

早漏の原因の一つにオナニーがあります。
オナニーをするから早漏になるというわけでなく、多くの場合はその方法に問題があるため早漏の原因になってしまいます。

早漏の原因になるオナニーの方法としてまず挙げられるのは、とにかく短時間で早く射精してしまうオナニーです。
相手のいるセックスと違い、オナニーは自分1人で行うもので、刺激の強さや手の動きの速さなどは自分でコントロールすることができます。
それなのにすぐに射精してしまっては、女生とのセックスの際に我慢できるわけがないのが道理です。

短時間で射精してしまうオナニーをする人は、十代の若いうちに家族に隠れてオナニーをするので、見つからないように早めに終わらせようと頑張っていたのが習慣化してしまったケースが多いです。
そうでない場合でも、オナニーそのものに後ろめたさを感じる人は手早く済ませてしまう傾向にあります。

オナニーをすることは男性であれば当たり前のことで、何も恥ずかしさや後ろめたさを感じる事ではありません。
1人になれる時間と場所を確保して、焦らずにマイペースで行うことが重要です。
少し焦らし加減で、時には多少射精を我慢するようにすれば早漏の改善にも繋がります。

短時間でのオナニー以外にも早漏の原因だと考えられるのが、皮オナニーです。
亀頭を直接刺激しない皮オナニーの場合、亀頭が鍛えることができません。
亀頭はペニスでも一番敏感な部分なので、ここを鍛えることが早漏の改善に繋がります。
オナニーをする際はしっかりと皮を剥いた状態で、亀頭部分にも刺激を与えて、鍛えるようにすることが重要です。

手コキに慣れている早漏男性はオナホールを使ってみる

当然のことながら、自分の手の感覚とセックスする際の女性の膣内の感覚は全くことなります。
手コキの低刺激に慣れてしまっている早漏男性は、いざセックスをする際に女性の膣の締め付けなどに耐えきれず、短時間で果ててしまいます。

手コキに慣れている早漏男性は、オナホールを使用してオナニーをしてみるのも早漏を改善する上での一つの方法です。
オナホールの感触は手コキに比べれば実際のセックスの際に触れる膣内の感触に限りなく近いものになります。
製品によってはセックスの時以上の刺激を追及しているものもあります。

普段かオナホールを使用してオナニーをすることで、実際のセックスに近い刺激をペニスに与え続けることができるため、早漏改善の効果が期待できます。

オナホールでオナニーをする際は、挿入後、しばらくの間何もせずに静止しましょう。
すぐに動かしたくなる衝動にかられますが、こうすることでペニスをオナホールの感触に慣らすことができます。
同時にオナホールを実際のセックスの際の膣内の状態に近い人肌に温める効果もあります。

オナホールに出し入れする際も、はじめはゆっくりと動かすようにし、時間をかけてオナニーをしましょう。
ゆっくりとオナホールの感触に慣れていき、徐々に動きを早めていくようにします。
目標時間を設定するなどして、途中で射精しそうになったらいったん動きを止めて我慢するのもいいでしょう。

オナホールは手コキよりも刺激が強いので、早漏の男性は使い始めのうちはそれほど長い間オナニーを
続けることは難しいでしょう。
最初は感触に慣れるところから始めて、徐々に長時間オナニーができるようにしていきましょう。

早漏の原因となるようなオナニーの方法を変えていくことで、自信を持てない早漏を改善していきましょう。