男性の性の悩みで多いのがEDと早漏になります。その中でも早漏は性行為のトラウマだったり、ストレスなどによりなってしまうことが多いようです。しかし、今は早漏治療薬があるためそこまで悩む問題ではありません。当サイトでは早漏治療に関するお話をしていきます。

パソコンを使っている男性
  • ホーム
  • 包茎が原因で早漏になることも

包茎が原因で早漏になることも

早漏に悩んでいる人は多いと言われています。
早漏となる特定の要因は一つに絞ることが難しいのですが、確実に言えることは包茎の人は早漏になりやすいということです。

包茎そのものは特に珍しい症状ではなく、日本人のおよそ7割程度が仮性包茎、あるいは真性包茎であると言われています。
仮性包茎の場合には勃起することである程度陰茎が露出するために多少の刺激にも耐えやすいともされていますが、包茎ではない人に比べると外部刺激に対しての耐性が少なく、成功によるある程度の刺激が与えられた場合に耐えきれなく、すぐに射精に至ってしまうというケースがみられます。

真性包茎の場合には、そもそも陰茎を露出することができないという状況であるために、刺激に対しての耐性が少ないがゆえに、「みこすり半」とも言われるほどの極端な早漏となってしまい、満足に性交を行うことができない可能性もあるとされます。

男女の交際にとって性交の充実は欠かすことのできない重要なポイントであるために、一体化して幸せを感じることができる時間である挿入時間が短くなってしまうと、女性にとっては満足行くものとならずに不仲となるきっかけとなりかねません。
やはり早漏の状態を克服するためには適切な処置を行うことが必要となってくるのです。

また、早漏はそのことを女性に指摘されることで本人にとって大きなコンプレックスとなることも考えられます。
そのことがさらに男性側の自信を損なってしまうことにもつながっていきます。
男性側の心理としては、自分の陰茎によって女性に満足のいく快感を与えたいという気持ちが強くあるため、早漏という最も避けたい状況に陥ってしまったことを自覚することによって自身を失ってしまうことにも発展します。

やはり早漏の要因となる包茎については、何らかの方法によって改善策を講じることの必要性があります。
外部刺激に対する耐性については、陰茎が露出した状態での刺激への慣れも必要なのです。

包茎は手術でも治療できる

大きなコンプレックスとなってしまう包茎は、前述の通り珍しい状態ではありません。
包茎そのものも異常な状態というわけでもありません。
実際に日本人の7割は包茎であることが統計として示されているためです。

だからといって包茎のままで良いというわけでもありません。
自分の意志に反して耐えきれずに射精してしまうという状態である早漏のもととなるだけでなく、包茎の状態であると包皮の中に精液を始めとした分泌物がたまっていくこととなりますので、それが悪臭のもととなったり、さらなる状態異常の引き金となってしまったりする可能性があります。
包茎については手術によって矯正することが可能ですので、ぜひ一度包茎手術について検討されてみることをおすすめいたします。

手術をうける場合には、真性包茎であるのか仮性包茎であるのかと言う状態を見極めることから始めます。
手で包皮を剥くことのできる程度の仮性包茎と、全く剥くことのできない真性包茎では手術の方法も異なってくるためです。
また、勃起時に陰茎が露出しきれず、狭まっている包皮によって圧迫された状態になってしまう「嵌頓(かんとん)包茎」は、陰茎を痛めてしまう可能性もありますので早急に手術が必要であるといえます。

包茎の手術の方法は環状切開を行う方法が一般的となっており、縫合時に使用した糸の抜糸が必要なナイロン系と、吸収されるタイプに分けることができます。
また、包皮を切らない手術方法、包皮を切除する手術方法など、包茎の状態に合わせて最も適した手術方法があります。
各クリニックで名称が異なる場合がありますので、実際に執刀する医師に手術内容についてしっかりと確認をすることが大切です。

包茎は手術をうけることで治療が可能な状態です。
まずは勇気を出してクリニックなどで医師に相談してみましょう。